30代男性の育毛剤体験談

 30代後半から髪が薄くなり始めたと感じるようになり、初めて育毛剤を使ってみた。第一類医薬品に指定されている物は高価なので、最初はお手ごろ価格の物を試してみた。使ったのはサクセス薬用育毛トニックで、約一ヶ月半で使い切った。

 使用方法は毎晩シャンプーでしっかりと頭皮の油を洗い落とした後で、頭皮に育毛剤を染み込ませるようにマッサージをしながら使った。残念ながら髪が濃くなったようには感じられずに、再度購入することはなかった。効果が感じられなかったこと以外で一番気になった点が、育毛剤を付けた後の頭皮のベトツキ感とニオイだった。

 夜中寝ている間は気にはならないが問題は翌朝だった。頭皮がベトベトしていてニオイも残っていると、朝シャンプーでしっかりと育毛剤を洗い流してからからでないと仕事場には行けないのだ。特に育毛剤のニオイは独特なものなので、シャンプーしないでそのまま出勤したら、最近流行りのスメルハラスメントなどと言われかねない。正直、毎夜と毎朝のシャンプーに疲れてしまった。この疲れが髪の育成に影響していたら本末転倒もいいところだ。やはりお手ごろ価格の育毛剤は使い勝手もそれなりなのだと感じてしまった。

 今は第一類医薬品に指定されている育毛剤の購入を考えているが、何倍もの価格がネックとなって妻と家族会議中である。家族会議の結果が出るまで私の髪の寿命が持ってくれればいいが、こればかりは髪ーー神のみぞ知るである。

当サイトの注意点

 当サイトの体験談はあくまでも一個人の意見に過ぎません。効果を得られるまで十分な期間、使用を続けていなかった可能性もありますし、正しく使えていなかった可能性もありますし、そもそも育毛剤では治らないタイプの薄毛であった可能性もあります。ですので、この商品が悪いというワケではありませんので、その辺りのことをご了承ください。

Page top icon